« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月27日

ワイルド アピスト インカ50 4回目の繁殖

アピストだけが唯一調子がいいです。

めだか、グッピー、コリドラス・・・

どれも最近があまり調子が良くない。

アピストだけが順調に調子よく繁殖してくれています。

その中で、今回はインカ50(バエンスヒ)の4回目の繁殖報告と、

やっとオスの写真が取れたので紹介します。

やはり発見者の松坂会長が直接採取された個体だけに、

ヒレがビンビンきてます!!

同じような個体でも採取する川、ポイントによってヒレが伸びないタイプが

多いようで、松坂会長便は唯一の本物と言えます。

購入時に小さめのPrを選び、まだ時間がそれ程経ってないので、

完全に成長しきってませんが、ほんとに良い感じの色と、

良い感じのヒレになってきてます。予想外に目もかわいらしくていい感じ。

(アピストも個体ごとに目つきが違います。

私にとってはアピスト選別のポイントの1つです。)

とりあえず写真をば!!
 0912190040_1.jpg

 メスもキレイです。周りに稚魚が!
 0912190068_2.jpg

 0912200021_3.jpg

 0912200046_4.jpg

 0912200056_5.jpg

 0912200074_6.jpg

 0912200077_7.jpg

こんな感じで、たまりません。



繁殖の方は、とうとう4回目の稚魚浮上です。

 またまた、コンデジでの動画です。
 

今年の7月31日に家に来て、12月までで4回目。

ほぼ1カ月単位で産卵+孵化していることになります。

ただ3回目の繁殖までは、確保タイミングも悪かったのか?

生存率がとても低い。。

1陣:9/17稚魚浮上。留守にする為すぐに隔離14匹。
   結果5匹しか生き残らず。。
2陣:10/2稚魚浮上。20匹ぐらいいたが、10/18に親から隔離。
   何故か、激減。。4匹しか確保できず。。
3陣:11/11稚魚浮上。20匹以上いたが、11/21に確保してみると6匹だけ。。
   その後12/12の1カ月後には1匹しか生き残らず。。

計算上では3陣までの子は10匹ぐらいしか残っていない事に。。

1陣はR2(nagi momのライヤープラティ用60水槽)ですくすく成長。

2・3陣はN2水槽(30センチ)で育魚中。

なぜか稚魚の生存率が低い。

母親は育魚放棄しているわけでもないし、ちゃんと守ってるから

オスが食害してるとも思えない。

飼育水槽はBee用に立ち上げてて、原因不明の壊滅で急きょAP水槽になったもの。

色々水草とかごちゃごちゃしてて、観察出来ないのも良くないし、

ろ過能力が弱いかなぁ。対応策を検討する。


これ以外も順調です。

WILD AP アルトナポ 2回目の稚魚浮上。一陣も10匹以上が順調に成長中。
WILD AP カカトォ  5回目の稚魚浮上。今回もかなりの大量。

のこり2PrのフレッサーとレガニーMIXもかなりいい感じなので、

近々繁殖を期待できるかとっ!



ランキング参加中!
いつも応援ありがとうございます!
今後ともポチッと応援どうぞ宜しくお願いします!!
今年も残り僅か、体調に注意して、
みなさんよいお年を迎えられますように!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 08:41 | コメント (4) | トラックバック

2009年12月23日

アクアリストにとってはなにかと重宝されるものの一つではないでしょうか?

魚の病気対応には、まず塩浴ですからね。

しかも、繁殖やワイルド系の魚の飼育には絶対に必要なブラインを

沸かすにも必須ですからね。

グッピーなんかは、故筒井氏の書籍などでも言われているように、

グッピーの世界では病気発生(予防)にはまず塩!です。

しかもめちゃくちゃ大量。5%です。10L水槽だと塩50g!?です。

これだけ入れないとまったく効果がないとの事です。

確かに、今まで自分で確かめてきた感じでもそれは納得してます。

しかもこれだけの量の塩を投入しても、早期発見でなければ、

グッピーの病気は治せません。エルバージュや観パラDなどを

併用してもあまり効果はないように思います。

ま、グッピーもそうですが、どの魚でもまずは早期発見と

塩浴が基本でしょう。治療に使う塩は基本的に粗塩を使ってます。

パセオ大日で小分けして売っているので買いだめしてます。

ブライン用には普通の食塩を使用してますが、

食用でもないので出来るだけ安いところを探していて、

これに行き着きました。

ラムーというチェーンスーパーの、自社ブランド「Dプライス」の

塩です。2Kで60円ぐらい。ダイソーでも100円で買えるのは1Kだったと思います。
0907010002.JPG

これが一番、そしてダントツで安いです。

業務スーパーなんかも以外と高いです。

これも買いだめしています。

ラムーは中国地方発祥?で現在急激に全国展開している

低価格で有名なスーパーです。

同じく西の方から(九州)やってきたトライアルという

ホームセンター兼スーパーみたいなのも、急速に全国展開

しているみたいで、これも近くにあり、確かに結構安いですが、

こっちは質もサービスも今一。。

あれ?スーパー評価の話になってしまってる???またまたぁ


ってな事で、近くにラムーがある方は、

ここで塩はGETすべし、その他食品もかなりお安いです。


ランキング参加中!ポチッと応援お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 14:16 | コメント (5) | トラックバック

2009年12月20日

ヒドラ もしかしてこいつが天敵!?

今までうちではあまり発生しなかったんですが、

今年の夏前ぐらいからグッピー・めだか水槽で大量に発生しました。
 0906130040.JPG

 0906130041.JPG

やはりブラインを与えていると大量発生するんですね。

今は落ち着いてしまって、どの水槽にもまったくいませんが、

夏前はすごかった・・・

ブラインもグッピーに与えているのか?ヒドラに与えているのか?

わからんぐらいに、ヒドラが蔓延。ほんまにブライン捕獲しまくり。

キボーデコさんのブログで以前決定的な写真をアップされていましたが、

大きくなったヒドラはびーの稚エビを捕食しちゃうんですよね。

あの写真にはゾッとした(汗;)

確かにブラインもエビの仲間ですしね。サイズが合えばヒドラにとっては

びーの稚エビも最高のエサなんでしょうね。

でも、うちはブラインを与えているグッピー・稚魚水槽しか発生しませんでした。

ビー水槽はまったく大丈夫でした。それに、今は全く発生してない。

なにかヒドラが発生して、増殖する為の法則がちゃんとあるんでしょうね。

ちなみに、このヒドラの退治方法として、

色々ネットで調べるても、10円玉を入れるとかぐらいしか見当たらず、

生物兵器も本当に効果があるというのは見かけません。

うちは、グッピーでも・めだかでもどうせ親魚水槽なんであまり気にせず

ほったらかしでしたが、

コケ取り要員としてヒポプレコやセルフィンプレコを数匹飼育していて、

水槽を巡回してもらってるんですが、

ヒドラ蔓延水槽にヒポプレコを入れると、2~3日でヒドラが激減。

全滅とまでは行かないまでもほとんどいなくなります。

もしかしたらヒポプレコはヒドラを食べるのかも知れません。

2回ぐらいしか試せなかったのと、食べてるシーンは確認できなかったので、

正確にはいえませんが、十分可能性があると思います。

ただ、ヒポプレコも30センチオーバーになる大型プレコなんですよね。

ホームセンターとかで格安で売られてて、

セルフィンプレコや石巻貝程ではないけど、かなりのコケ取り効果があります。

セルフィンもヒポも30センチオーバーというのは最大での大きさですし、

個別の専用エサはそれ程与えず、コケとその他魚の残エサだけの

節制食?をすれば、環境に合わせた成長をすると思うんで、

ひもじくて、ちょっとかわいそうかも知れませんが、

小さいままの方が愛情も持てますし、この方法で飼育して行きたいと

思ってます。(あれ?いつの間にか、ヒドラからプレコの話に???)


※ヒドラ対策にヒポプレコ説と、ヒポプレコ・セルフィンプレコサイズ調整説は、
 あくまで、我が家での経験に元ずいた推測です。
 応用される場合は自己責任でお願いします。
 ちなみにプレコ系も稚エビは大好物だと思うので、エビ水槽にはダメですね。


ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 07:32 | コメント (6) | トラックバック

2009年12月16日

APアルトナポ(cfアルトタピチェ)繁殖成功

11月3日にお連れした松坂会長便のワイルドアピスト

アルトナポ(cf:昨年紹介されたアルトタピチェに近いタイプ)ですが、

うちに来てちょうど25日目の11月28日に稚魚浮上!!!

一応今回もグッピーに使用していたM水槽を、リセットして専用化して

環境は万全にしましたので、かなりの期待はしておりました。

ただ、こんなに早いとは思いもよらず。

嬉しい限りです。

ちゃんとメスが世話をしていたので、

変化がないか様子を見ながら

しっかり、ブラインを与えつつ慎重にタイミングを図って、

昨日とりあえずいったん親から隔離しました。

オスもメスもまた繁殖活動というか、次の産卵に向けた

動きをし始めたのと、稚魚もそれなりに育ってきているが、

何だか少しずつ数が減っているようにも思えたので、

このタイミングで確保しました。

やはりおもったより数は少なく12匹でした。

最初はもう少しいたようにおもうんですが。。

とりあえず一回目なので、この子達をしっかり

育てていきたいと思います。

 11月28日の稚魚発見時に撮った動画です。

 婚姻色バリバリでキレイになったお母ちゃんの周りを
 チビ達が泳いでいるのが見えると思います。

 オスは、興味本位で水槽全面に出てくるんですが、
 
 写真を構えるとすぐ引っ込んでしまいます。

まるで照れ屋で恥ずかしがり屋の私のようです(爆)

オスもほんとに良い感じの色になってきています!

こんどちゃんとデジ一で撮ります。

デジ一使いこなせい。。。



ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。


 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif

投稿者 nagi dad : 07:14 | コメント (3) | トラックバック

2009年12月14日

11月の和歌山帰省 母校、謎の大岩

11月に帰省した時の話の続きです。

今度は、あまり暗くならないように(汗;)


私の兄弟や父が通った、小学校は既に廃校になってます。

保育園も同じくです。

近くの神社にお参りに行きがてら、自分が通った

学校やその近辺の様子をnagiに見せてやろうと寄り道しました。

小学校は実家から歩いて30分ぐらいのところなんですが、

川を渡らないといけないので、普段帰省した時には行かず。。


何年ぶりか?あれ!?開いてる!!

なんと、どうもパン工房として再利用されていました。

なので中に入れた~!これは卒業以来もう20年ぶりぐらいの

事になります。しかも2つ下の妹が最後の卒業生なので、

自分がいた頃の状況がそのまま残っているのです。

なんとも感激。

どうも、静岡出身の大将が、旅行でこちらに来た時に

偶然この学校を発見し、再利用をするに至ったらしいです。

(えっ!?大将ってひよ亭兄貴?それとも静岡のお茶さん?)

とりあえずは、自家製の小麦を使用したパンの工房と、

喫茶を週末のみやっているらしい。

NPOとして、近畿圏の大学にも協賛してもらい、

各地から学生や若者が泊まりがけで、色々な活動をしに

来ているとの事です。

この日も女性も含めて結構な数の若者がお手伝いをしてました。

学びの場として再び息を取り戻させて頂いたという事になります。

なんとも嬉しい事ではありませんか!

こういう活動にはとても尊敬と感動を覚えます。

いずれ、私も何かのお役に立ちたいと心に誓った次第です。

さて、こういういきさつで、私がいた頃の状況がそのまま保存されている

学校の中に入れたというとても珍しい体験をしましたので、

思わず写真を撮りまくり。

ざっと、それを紹介します。

なんともレトロな感じにnagi momも感動してました。
 0911220053_g1.JPG

 0911220055_g2.JPG

 0911220056_g3.JPG

 0911220062_g4.JPG

 0911220064_g5.JPG

 0911220068_g6.JPG

 0911220071_g8.JPG

 0911220072g9.JPG

 0911220076_g10.JPG

 0911220086_g11.JPG

 0911220096_g12.JPG

 0911220108_g13_pan.JPG

 0911220113_g14.JPG

 0911220120_g15_soto.JPG

 更に、その学校の近くの山間の田の中に大きな岩がある事を思い出し。

もう一歩奥まで車を走らせて。

これ。
 0911220142_iwa1i.JPG

あれ?なんか記憶のなかのやつより大分小さい・・・

でもやっぱり普通に考えたら大きいか。
 0911220139_iwa2.JPG

nagiもnagi momもびっくり。

田んぼの真ん中に。確かにでんっ!っと落ちています。

まさに「落ちている」という表現が一番のような気がする。

でも周りの山から滑り落ちたにしては距離がありすぎる。

もうはるか昔から存在するようなので、

この岩がどうしてここに「落ちてきた?」「ある?」のかは不明。

この岩がある村落は大分山の奥の奥の方にあるのですが、

実は更にずっとずっと奥の山合いにも村落があり、

まだ人も住んでいます。

ここら辺は「平」(たいら)という名字の人が多く、

源平の戦いに敗れた平家の落ち武者達が一部熊野に逃げたという

話も結構有名ですが、実際にその末裔という話を聞いた事があります。

確かに、あれだけ山深き熊野の地の更に更に奥深いところにひっそりと

存在する村落がたくさんあります。

息をひそめて生き延びるにはもってこいな場所だったようにも思えます。



まだ、もうちょっとネタがあるんですが、

長くなってきたので、次回に回します。



ど田舎対決なら、まけへんでぇ~!!



ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。

 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif

投稿者 nagi dad : 06:22 | コメント (6) | トラックバック

2009年12月13日

11月に和歌山に行ってきました。(父近況)

11月の3連休にプラス2日仕事を休み、

両親のところに行ってきました。

ずっと、書いてませんでしたが、

相変わらず父の状況は芳しくなく、

9月にまたも意識不明まで落ち込んで、呼吸機を再度つけて

どうにか持ちか直しましたが、一度呼吸機に頼ると

外せるようになるのに大変みたいで、

先日からやっと日中帯だけ外す練習を始めています。

今回の意識不明に落ち込んだ理由は、肺が弱ったというのも

あるでしょうが、酸素投与量が多すぎて(看護師任せ)

過呼吸状態(チアノーゼ状態)になってしまったという状況でした。

これは、明らかに医師と看護師の連携不足としか思えず、

医師もサチレーションばかりに気をとられてしまっていた事が原因のようです。

もう突っ込む気にもなれず。。

ただ、私の調べた結果と母からの情報による推論は的を射ていたようで、

医師も認めました。

今回のパターンはたちが悪く、モニターに表示されるサチレーションは

チアノーゼ状態に陥って意識低下してしまうところまで悪化しないと、

低下しない為、付き添いも看護師も気づかないということです。

気づくには父の意識レベルの低下を察知するしかないのです。

そして、今回も結局意識が完全になくなってしまってからの

緊急処置という状態でした。

父の現状はリスクや危険性はあまりにも多岐にわたり、

確かにどこに重点をおいて注意すべきか?難しい状況ではあると理解してますが、

少なからず医師はもちろんのこと、看護師はもっと、変化に注意した

対応をして欲しいものです。

確かに大変な仕事でしょう。ストレスだってとても大きく特殊なもので、

厳しいでしょう。夜勤も大変で肉体的にも過酷でしょう。

ですが、少なくとも医学を学んでるのですから、素人よりは

素人でも疑問に思う事には敏感になってもらいたいと思います。

単なる介護師になってしまってる人が多いような気がしてなりません。

もっとも、制度や勤務体系にも大きな問題があるのでしょうが。。。

実際に自分たちがこういう状況になって初めて実感するもんですね。


母には久々に実家に泊まってもらい、

私が2日病院付き添いしました。

父はタンがひどく、夜もほとんど眠れない状況。

これでは本人も厳しいが付き添いの母ももたない。。。

少しでも早く父が回復してくれる事を祈るばかりです。

朝5時に看護師さんが処置に来るタイミングです。

色々手伝います。

その時にちょうど朝日が海の地平線から登ってきました。

父と一緒に眺めました。

私の実家は山奥なので、よく考えると海の地平線から登る朝日は

実際には初めて見たのかも知れません。

吸い込まれそうなぐらいとてもキレイな朝日でした。

0911240245_asahi.JPG



ランキング参加中!ポチッと応援お願いします
 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif

投稿者 nagi dad : 07:32 | コメント (2) | トラックバック

2009年12月12日

国産グッピー マゼンダ

またまた、ほったらかし状態になってました。

新しいPJに参画して、勉強、勉強の日々で、

家でもゆっくりできず。。

とりあえず6月リリースに向けてこれからどんどん忙しく鳴りそうです(汗;)

でも、いつも更新したいとは思っているんです。

これも癖というかルーチンにしないと、ダメですね。

とにかく、簡単にかける内容から再スタート。(続けるつもり;)

ネタはいっぱいあるんです。ただ、どんどん鮮度が落ちていく。。

とりあえず。


グッピーです。

夏前に吹田のアクアステーションで購入してきました。

ずっと気になっていましたが、なかなか手を出せずいました。

(環境的にいっぱいいっぱい)

なのに、衝動買いですね。バカです。

この種も比較的最近日本に入ってきて、国産化した種類の一つですね。

まだまだ普及している種類ではなく、

血統によって表現はかなり違い、国内のブリーダーさんたちが

これを元に色々品種改良を進めているようです。

ただ基本的な特徴としてはラウンドテールでも尾があまり広がらず、

しっかり体系で、オスの色の表現が独特です。

赤系のラメというか金属光沢のような独特の色合いが特徴ではないでしょうか?

確かにキレイです。

人気もかなり高いらしく、いつもお世話になっている

スーパーコンテストブリーダーさんの話でもどこのショップでも欲しがっている

っていう話でした。

このブリーダーさんも知り合いのブリーダーからの仕入れでは間に合わないと

言うことで、自家ブリード対象にもされてました。

そういう状況を聞いていたのもあったので、勢いでつい。。


ただ、水槽がなくて、nagi momのライヤープラティ用水層に混泳。

2Prお連れしましたが、結局もう半年近くになりますが、

一度も産児せず。。購入時点で妊娠点が見えていなかったので、

ちょっと覚悟はしてましたが。。。

このまま繁殖できずに終了ってことになりそうな感じです。。。トホホ・・・


2009_08_03_0319_1.jpg

2009_08_03_0331_2.jpg

2009_08_03_0353_3.jpg


ランキング参加中!
更新しないとあっと言う間に、見えないところまで(汗;)
探すのも面倒なぐらいです(笑)今92位でした。
ぼちぼちやっていきますんで、ポチッとはっぱかけてください!
応援お願いします。
 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif

投稿者 nagi dad : 06:32 | コメント (2) | トラックバック