2011年06月06日

命をつなぐ

今、酔っ払ってベランダでいっぷくしてました。

カエルの声がします。

近くの学校のビオトープからだろう。

田んぼも川も近くにはない。

たぶん鳴き声的にガマだろう。

なぜ鳴くのか?

あえて天敵に見つかる危険を冒してまで?

それは、次の代に命をつなげる為。

危険を冒してでも、自分を主張し、相手を呼び、そして、そこで

その出会いの運命に導かれたものが、次の代への命を紡ぐ。



人間は天敵と言える物はほぼいない。

にも関わらず、色々な理由でその紡ぐべきところに綻びを作る者さえいる。

それはもしかしら人類全てなのかも知れない。

人間は、既に生物としての生き方から逸脱しているのかも知れない。


なんて、自分には無理のある大それたことを考えてしまったりする。

何も出来ない非力にも関わらず、それをしようともしない臆病者にも関わらず、

そんな事だけは頭をよぎる。


田舎でGWに耕してきた休耕田です。
 1105060053.JPG

とりあえず、家の前の田んぼだけしか出来ませんでしたが。。

これでも大変なんですよね。。

ちなみに、「休」といっても、もう田として復活する事はないかもしれませんが。。

実家の周り。これらの田んぼが荒れまくり、ひどい状態になるので、

早めにがっつりやりました。

父に教えられて、一緒に汗かいて、田んぼ作った時の事を思い出しながら、

土のにおいはたまりません。泥まみれ汗まみれ、少しでも自然を近くに感じます。


父がずっと整備してた耕運機で。もうほんま年代もんです。よく頑張ってくれる。
 1105050045.JPG

ただ、はたしてこういった行為自体も人間が自然に相いれなくなる

第一歩だったのではないかと?

昨今の地球の異常気象や大災害の連続を考えると。。

ふと、人類の存在さえも疑問に感じてしまう。

バカなよっぱらいです。

少しでも何かを変えていかなければいけない、

瀬戸際なんだと感じるのは自分だけでしょうか?



ま、同じ酔っ払いの方だけでも、こんなたわごとにバカだなぁって

思ってくれた人だけでも、

ぽちっとしてくれると嬉しいです。

 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif

投稿者 nagi dad : 00:24 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月22日

Nature Aquariumって?

ブログ名について

たいそうな名前で、名前負けしてますね。(汗;)

アクアをはじめて、数ヵ月後にブログを開始。(何年前だっけ?)

その時は、1000円以上の魚なんてもってのほか、な状態(感覚)だったので、

もちろん器具類も一切こだわりなし。

なので、おしゃれだが高価なADAさんの器具なんかにはまったく目が行きませんでした。

いろいろブログを見たり、調べたりでこの響きに惹かれて、

知らずに命名。

なので、名前をみたらADAさんがうたう、レイアウト水景に関するものかと

思われて訪問される方も多いのではないかと、思います。

水景レイアウトにも興味がないわけではないですが、

性格的に、ちょっとあんな繊細なことは出来ません(汗;)

なにより、いまだにCO2添加をしたことないんで、

水草もあくまで育成難易度が低いもの。丈夫なものに絞ってます。

それでも、わっさーと茂ったところに自然に流木・石などがあり、

自然に魚が繁殖する環境を作りたい。あるがまま自然体。

もちろん、本当の大自然のようには行くはずもないですしね。

なので、ここでいうNature Aquariumとは、自然(自然体)の熱帯魚飼育

という位置づけです。

 0901170042_1.jpg

 1005150015_1.jpg


まっそんな感じです。

自然はいいなぁ。




いつも応援ありがとうございます。
ぼちぼちやっていきますんで、
今後ともよろしくお願いいたします!
 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif

投稿者 nagi dad : 00:05 | コメント (1) | トラックバック

2010年09月30日

紀州熊野産ホシクサ 他

父の付き添いの合間に、実家近辺を探索し、

初めてホシクサの自生を見ました。

今までタイミングが悪かったのか、見つける事がなかったのですが、

ちょうど稲刈り後で花芽が上がっていて、しかもまだ田を耕す前だったのでよかったみたい。

細葉のウニウニ系です。いわゆるキレニウムっていうですかね?

串本産とかも良く聞きますが、同じタイプかな。

クロホシクサなんでしょうね?良く分かりません。

詳しい方教えてください!!

串本近辺まで色々見て回りましたが、それなりにまだまだ自生してますね。

残念ながら、このタイプ以外は見つけられませんでした。

ま、もしかすると、同じように見えてこれらも種類が多数あるのかもしれませんが。。

勉強不足です。

本当は三重県側まで探索して、伊勢湾岸・愛知近辺以外は絶滅したとされる、

シロホシクサがまだ自生している場所がないか探したかったんですが、

時間がありませんでした。




発見した自生している姿、群落が全て花芽上がっていて、
 hosi_jisei1.JPG

 hosi_jisei2.JPG

名前の由来である夜空の星のようで、結構感動しました。

昔、実家の稲作手伝ってた時は何も知らず耕運機でがりがりやっちゃってましたけどね。。

今は実家は稲作やめちゃったんで、田んぼは休耕田で荒れ放題。。。

ホシクサ生える余地がないぐらい巨大雑草に覆われてます(汗;)




とりあえず、ほとんどが花芽上がってたので、種採取用に持ち帰りました。

知人の田んぼで、どうせもうすぐがっつり耕運機に耕されてしまうんで、たっぷり持ち帰り。
 1009190044_hosi_tane1.JPG

 1009190046_hosi_tane2.JPG

 1009190049_hosi_sai2.JPG

多すぎたなぁ。。こうゆうのを乱獲というのでしょうか?(汗;)

田んぼ何面もびっしりなんで、全体からするとほんのわずかなんですが・・

あと、まだ花芽上がってない小さめのが少しあったので、
 1009190041_hosi_sai1.JPG

 1009200060_hosi_ue.JPG

一応水槽に入ってもらいましたが、どうかなぁ。

あと、不思議な事に、畦をはさんでとなりの田んぼはまったくはえてないっていうのも

結構ありました。

同じ耕作者なので農薬関連ではないはずだし、日照や水量条件も変わらないはずなんですが・・

やはり、自然の何かがあるんでしょうね。

こういうところが、更に興味がそそられますね。(変態?)


それ以外にも水草を。

これ、何か分かりません。
 1009200069_mizukusa1.JPG

谷の水が滴るところに生えてたんで、湿性ではあるのでしょうが。不明。

とりあえず。水中化するか?お試し中。
 1009200068_mizukusa2.JPG

ロタラ系や、ヘアーグラスもわんさかありましたが、少しずつ持ち帰り。
 mirio.JPG

 1009200072_rotara.JPG

分からない草もいっぱいあるもんですね。。

あと、これも谷の水が流れているところに半水中でいた草ですが、

なんだろうなぁ。初めてみた。ぱっと見は野菜みたい。
 1009280215_mizukusa3.JPG

でもランナーで増えてるんで、こんなタイプの野菜は聞いた事ないしなぁ。

だれか分かりますかね?

とりあえず、完全水中化するかお試し中。

それ以外にもいろいろあるんですが、なんだかわからん雑草ばかりなんで、

いろいろ試します。面白くなったものはまた別途報告します。

秋口の自然は楽しいですね!!



また、父と鮎釣りに行ける日はもう来ないだろうなぁ。。

でも紅葉を一緒に見に行けるぐらいにはなってほしいなぁ。。


いつも応援ありがとうございます。

ランキング参加中です!
参加してますが、底面をさまよい中(笑)
相変わらずマイペースですが、ぼちぼち楽しんで行きたいと思います。
ポチッと応援お願いします。
↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 06:00 | コメント (8) | トラックバック

2010年09月08日

乗鞍三名滝「三本滝」

乗鞍三名滝の最後の一つ。

休暇村より更に奥にいった、もっとも奥にある滝です。

休暇村を過ぎて奥に車を進めるとちょうど「三本滝の入り口」と書いた

看板のところで通行止めになっています。
 1008210083_1.jpg

この先の乗鞍山頂までは、マイカーでの通行が禁止となっています。

理由は「乗鞍岳の自然を排気ガスから保護し、混雑を緩和するため 」

との事です。ここからは低公害車両のシャトルバスに乗る必要があります。

車の排ガスだけじゃないでしょうね。。

入り込む多くの人の中の心ない人が、ゴミを捨てたりして自然が破壊される事を

防ぐ事が目的なんでしょうね。

人類はこのごに及んでも、自然の危機的状況を直視し、それに対する行動をとりませんからね。。

そういう自分だって目の前の利便性や娯楽、怠慢、などで結局言い訳しながら、

その他大勢と一緒なんですよね。。



また、話はそれましたが(汗;)

滝の話です。

先程の看板のところにレストハウスがあります。
 1008210085_rotti_1.jpg
 結構たくさん車止まってまして、人が多いです。駐車場は無料です。

反対側は冬になるとスキー場になるんですね。
 1008210086_sky_1.jpg

レストハウスの横のこんな道を進んで、三本滝に向かいます。
 1008210087_miti_1.jpg

徒歩で片道約20分で滝の直下まで行く事が出来ます。

通行人もすごく多くて、遊歩道も整備されている為、

軽装でも問題なく行くことが出来ます。

(とはいっても、ご年配の方や小さな子供のいる場合は、注意が必要です。)

途中の吊り橋。
 1008210096_turibasi_1.jpg

nagiもばっちりポーズ決まってます(笑)!
 1008210115_nagi.jpg


滝の直下のところでは、人が大渋滞。。。

岩場で観覧場所があるわけではないので、危険な部分もあります。

三本滝の名前のどおり、三本の滝が並んでいます。

それぞれ、趣の違う滝が並びあっていて、とても面白いです。

向かって右側の滝です。幅広で段々滝になってます。
 1008210145_R_1.jpg

右側と中央の滝を一緒に。
 1008210124_SR_1.jpg

左側と中央の滝を一緒に写してます。
 1008210126_LS_1.jpg

中央の滝です。おそらく落差が一番大きいのではないでしょうか?
 1008210122_S1_1.jpg

 1008210146_S2_1.jpg

左側の滝はつつましく、優しい雰囲気です。
 1008210147_L_1.jpg

その三本の滝を見渡せる直下のところに大きい岩があり、

その上に登って見るとまた、最高に気持良い~!!

少しの間ここを占拠してました(汗;)
 1008210134_taki_1.jpg

ちなみに冬はやはり雪と氷に覆われるんでしょうね。

その姿も見てみたい気がする。


そしてまたまたやっぱり・・・

湿原植物!!!と自然が織りなすたまらん風景!!!

 1008210092_N1_1.jpg

 1008210099_N3_1.jpg

 1008210100_N4_1.jpg

 1008210103_N5_1.jpg

 1008210111_N2_1.jpg


うーん!!情緒あふれる和ですなぁ~。




いつも応援ありがとうございます。

ランキング参加中です!
参加してますが、底面をさまよい中(笑)
相変わらずマイペースですが、ぼちぼち楽しんで行きたいと思います。
ポチッと応援お願いします。
↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 06:27 | コメント (1) | トラックバック

2010年09月06日

乗鞍三名滝「善五郎の滝」

長野の松本へ行った時の話の続きです。

滝ハンターとしては、ここは抑えとかんといかんので、

ちゃんとアップしておきます。

日本が誇る、和・情緒を全て兼ね備えるものが滝とその風景にはあると思うのです。


前回紹介した番所大滝から更に奥に車を進め、休暇村の手前の駐車場がある場所から

徒歩10分ぐらいで行けます。

休暇村からも行けるようですが、結構歩くようなので、楽しました。

というか、暑さで限界でした。(汗;)

この日2回Tシャツ変えました(爆沈_)ここ3年ぐらいで一気に

痩せすぎから急激に太り、めちゃくちゃ汗かきに。。。

ビール腹がやっと分かりました。(笑)

でも自分的には、ずっと痩せすぎで過ごしてきてたので、

ちょっと腹出てるぐらいの方が貫禄ある感じがして結構悪くない??



話はそれましたが、乗鞍三名滝の1つ「善五郎の滝」です。
 1008210157_1.jpg

 1008210164_2.jpg

 1008210167_3.jpg

 1008210171_4.jpg

 
乗鞍高原の中ほど標高約1,500の場所にあります。

名前の由来は、「昔、釣りの名手善五郎が大きな岩魚に引き込まれて見つけた滝」だからとの事。

乗鞍岳を背景に滝の全景が見え、落差21.5m幅約8mと雄大です。

朝、滝に虹がかかることもあるらしい。

休暇村の手前の県道沿いにある「善五郎の滝駐車場」から10分で行けるのでお手軽です。

ご覧の通り滝の真正面に橋がかかっているので、間近+真正面で見る事が出来ます。

滝壺に落ちる水しぶきが霧のように橋のところまで覆ってきています。

マイナスイオン全開です。

橋を渡って更に少しだけ滝に近づける観覧ポイントがあるんですが、

ここは1分でびしょびしょになるぐらいしぶきが飛んできます。
 1008210175_5.jpg

めちゃくちゃ気持ちが良いです。

他の2本の滝に比べると周りも開放的で、更に雄大な自然を感じる事が出来ます。

この滝もほんま良い!!


そしてやっぱり・・・

そのしぶきで育てられている、湿原植物!!!

めちゃくちゃ青々と、そして生き生きとしてました。

しぶきがかかって、キラキラです。たまらん!!(変態??)
 1008210182_6.jpg

 1008210183_7.jpg



ランキング参加中!
参加してますが、底面をさまよい中(笑)

いつも応援ありがとうございます。
相変わらずマイペースですが、ぼちぼち楽しんで行きたいと思います。
ポチッと応援お願いします。
↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 06:38 | コメント (2) | トラックバック

2010年09月02日

松本帰省 乗鞍高原と番所大滝

久々に家族でnagi momの両親か隠居している長野の松本へも行ってきました。

今年の暑さは、避暑地信州でもおかまいなし・・・暑かったです。

久々に名神かっとばして、

あのめだかカリスマがいる場所は素通りして
 1008200042_kousoku2.jpg

時間がないので直行です。


翌日、乗鞍高原へみんなで行ってきました。

まずは、休暇村へ行きました。
 1008210044_kougen1_1.jpg

 1008210050_kougen2_1.jpg

冬はここら辺もスキー場なんですね。

標高は約1600Mはさすがに涼しかったです。

日差しはキツイですが、日陰だとひんやり。気持イー!!
 1008210079_kougen3_3.jpg

数ある休暇村の中でも一番空に近い場所らしい。


その裏にある牛留池に。

さわやかな森の中を抜けると池が。
 1008210063_ike1.jpg

 1008210064_ike2.jpg

晴れてはいますが、乗鞍岳はなんだかもやがかった感じで

すっきり見えなかったのは残念。。

この池にも映って、逆さ乗鞍岳が見れるらしいのだが。。


池の近くにある、変わった木。

この木はどうしてこんなに回り道をしたんだろう??

人生も回り道・寄り道必要だよなぁ。たぶん。。
 1008210060_ki1.jpg

この池の周りの湿地帯では、こんなわくわくポイントがいっぱい。(自分だけ??汗;)
 1008210057_sitti1_1.jpg

 1008210065_sitti2_2.jpg

 1008210066_sitti3_3.jpg

 1008210069_sitti4_4.jpg

 1008210071_sitti6_6.jpg

この猛暑の中でも、池の湿気のおかげか?生き生きしているこんなキノコ達も。
 1008210074_kinoko1_1.jpg
 これ、めちゃデカッ!?
 1008210075_kinoko2_2.jpg

 1008210076_kinoko3_3.jpg
 これも、めちゃデカッ!?
 1008210077_kinoko4_4.jpg

 ちょっと怖いぐらい。。

そして、暑いときはやっぱり滝!!

乗鞍高原のこの近辺には有名な滝が3つあるんですが(乗鞍三滝というらしい)、

そのひとつ、番所大滝です。
 1008210185_taki1_1.jpg

 1008210186_taki2_2.jpg

 1008210188_taki3_3.jpg

 1008210194_taki4_4.jpg

予想以上に大きくて迫力もありました。

落差40メートル。

規模は3滝の中で一番大きいらしい。確かにかなり迫力ありました。

そして、この滝の観覧ポイントまでは、

道路沿いの駐車場から10分ぐらいなんですが、

急な階段をひたすら下ります。
 1008210199_kaidan1_1.jpg

 1008210200_kaidan2_2.jpg

その部分だけ岩盤をくりぬいたように、なっていて、

そこに滝が流れ落ちています。

この地形といい、滝の雰囲気と良いかなりお勧めです。




他の滝は別途紹介します!



ランキング参加中!
いつも応援ありがとうございます。
相変わらずマイペースですが、ぼちぼち楽しんで行きたいと思います。
ポチッと応援お願いします。
↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 06:07 | コメント (3) | トラックバック

2009年06月25日

ホタル(蛍)

昨日、夕方から大阪は箕面へホタルを見に行ってきました。

今までずっとnagiにホタルを見せてあげたいと思っていながら、

今日まで時間がたってしまいました。

しかもnagi momも見たことがないというので、ちょうど良い!!

nagi & nagi mom 初体験! ホタルのヒカリ発見探検~!


以前から大阪には以外にもホタルが見れるポイントがある事を調べて

知っていました。西河原公園、摂津峡、高槻近辺、京都も色々ある。

とりあえず箕面へ行ってみることに。

家からだと車で約30分。

阪急箕面駅の近くの駐車場に車を停めて、歩いていきました。

滝道を川に沿って登っていきます。

10分も歩かないうちに早速発見!!!!!

川沿いも旅館やお店があったり、街灯もあるので

なかなか見えにくいですが、確かに発見!!!
 
 それにしてもやはり優雅な飛び方と、幻想的な光。なんともいえません。
 0906240050_1.jpg

私も、10年以上ぶりです。

更に少し奥に行くと、街頭の光が木にさえぎられて結構暗くなっているポイントがありました。

そこでは結構な数が乱舞しているのを見ることができました。

それでもやはり10匹弱ぐらいでしょうか?大量に飛び交い圧倒される程ではありませんでした。

でもキレイです。


出ました。田舎もん。昔を思い出して、ちょっと山際に踏み込んで、

近くに飛んできたのをそっと手でキャッチ。
 0906240068_2.jpg

0906240068_3.jpg

nagi&nagi mom大興奮。周りで見ていた人や通りがかりの人も覗きにくる。

ホタルは繊細なのでそっと包むように扱わなければいけません。

指でつまんだだけでかなりのダメージになるので要注意です。

私の手の中で光っているところをコンデジで動画撮影。
 
 nagiはおしっこしないか?とかかまないか?とか最初は心配だった様子(笑)

おしっこはするでしょうが、かみません。(爆)

nagiの手の中にも包ませてあげました。
 0906240076_4.jpg

大興奮です。

その状態でもキレイに光続けてくれてました。

案外キレイに動画も取れました。
 

写真も近距離なので、結構しっかり光が取れました。
 0906240096_5.jpg

 0906240097_6.jpg

 0906240098_7.jpg

どうです??

なかなかのもんじゃないですか?

ちなみに別な場所でもまた、キャッチ。2回じっくり観察させてあげました。

もちろん、すぐに開放してあげて、元気にキレイな光を放ちながら飛んでいきました。

おそらくゲンジボタルなんでしょうか?なんだか小さい気がしました。

環境のせいか?自分が大きくなって昔の感覚と違って来ただけか?

それにしても、大阪市内から30分圏内でこれだけ多くのホタルを見れる場所があるとは。。

ほんとうに感激です。

他のポイントも行ってみたいなぁ。

もっと大量に乱舞するところを見に行きたい。

来年のお楽しみですかね。



今回の箕面のホタルの補足ですが、

阪急箕面駅から徒歩約15分ぐらいの昆虫博物館まで行きましたが、

その間の滝川沿いはずっとホタルが見れました。

それより先は行きませんでしたが、ここまでの間だけで十分堪能できます。

この滝道へは夜間は車で入っていけるようですが、

なかなか対向車をかわす場所やUターンする場所がありません。

なにより、川の側を走る事になるので、車のライトが情緒を害します。

歩いてもすぐの距離ですので、駅近くの駐車場に停めて、

散歩がてら歩いていかれることをお勧めします。

この駐車場は0時30まで開いてます。30分:100円ですが、

のんびり子連れで歩いても2時間もかかりませんから、400円で済みます。


※このような、生き物とのスキンシップシーンを公開すると、
 必ず勘違いされる方が現れますので、事前にお話ししときます。
 
 手包み捕まえていることに関して、虐待等と非難のコメントをされる方が
 いらっしゃいますが、冷静にお考え下さい。
 カブトムシを捕まえませんでしたか?
 トンボや蝶を網で捕まえたことはないのですか?
 学校や博物館等では標本にしてしまったりもするんですよ。
 昆虫だって食用にするところだってあります。
 それにもすべて抗議するのですか?
 ゆっくり包みこむように捕らえて、そっと手で覆って鑑賞する事は
 虐待ではありません。
 生き物とスキンシップをはかり、じっくり鑑賞・観察する事は
 生き物の素晴らしさと大切さを学ぶことにつながるのです。
 勘違いをなさらないように。
 下手な偽善は、自分の無知と無能と頭の偏りをさらけ出すだけです。



ランキング参加中!
応援ありがとうございます。
このまま頑張ってまた2位ぐらいには返り咲ければなぁ~
協力な援護射撃を期待いたします!!???
応援宜しくお願い致します。


 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


現在99594ヒット。10万ヒットまで後500ヒットをきりました。
覗きに来ていただけると幸いです!
そのときはついでにポチッともよろしくおたのもうします(ペコ)

投稿者 nagi dad : 06:38 | コメント (11) | トラックバック

2009年06月16日

シダsp紀州熊野1 水中化成功

秋に帰省した時に、大量に採取してきたシダやコケ。

これらは、一部をテラリウムに使用して、残りはすべて発泡スチ箱等に入れて

ベランダで育成(ほったらかし??)してました。

ほとんどが冬の寒さと湿度の低さ、更にまったく日が当たらないのもダメ。。

で悲しい結果に。。。

早く色々試せばよかったのですが。。。ついつい。

30種類ぐらいはあったでしょうか?

一応すべて写真撮って、データは保管してますが、

名前等を調べられず、そのままUPせずにお蔵入り。。

まとめてほったらかしの過去の状況(今はほとんど壊滅。。。)
 0811050087_sida1_1.jpg

 0811050088_sida2_2.jpg

 0811050089_sida3_3.jpg

 0811050090_sida4_4.jpg

 0811050091_sida5_5.jpg


いくつかの種類は無造作に水槽にぽちゃんしてましたが、

ほとんどやる気なし。。。


が、そんな中で一際良い感じに水中化してくれた奴がいます。

なかなか良い写真が撮れてないのですが。。。(いつもの事??)

これです。

 全体
 0905210011_all_1.jpg

 水上葉の部分。さすがに枯れて溶けていってます。
 0905210012_suijyouha_1.jpg

 水中葉。しっかり展開してくれてます!質感も水上葉と違う!
 0905210013_suityuuha_1.jpg

 さらに水中葉として新芽が出てきてます。
 0905210014_sinme_1.jpg

なかなかキレイなライトグリーン!!!

あっ!?そういえば水上の採取時の状態の写真が・・・

あわてて100枚近くの写真の中から探しました。30種類どころじゃなかったです(汗;)

おそらくこれです。
 0811050036_moto.jpg

水中化すると大分色合いが変わります。

これはお気に入りです。

ちなみに、このシダをこの本で調べたんですが、見つけられず。。

 

この本はあるアクアショップの店主さんが持っていて、

「国産のしかのってないけどお勧め」と言っていたので買ってました。

確かにコンパクトなわりにかなりの種類を詳しく掲載されています。

シダ・コケってなかなか1~2枚の写真だけでは、判別が難しい。。

似たものが多いしなぁ。



ちなみに最近シダは買いません。

結構高価なものが多いのと、まだまだ紀州熊野産にチャレンジしたいからです!!

今年もまたチャンスを見つけて採取いって、水中化チャレンジするぞー!!!



ランキング参加中!
応援ありがとうございます!!
明日から3日程、ブログをお休みします。。
急遽帰省する為です。
でも応援ポチッとは毎日宜しくお願いします!!!です。

 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


~~~~以下、酔っぱらいの怒りの独り言~~~~~

早朝、妹からTELあり。
病院の母からTELがあって、父の様態が急変したとの事。
先日から、タンの検査で見つかった細菌に対処する為の抗生物質を
投与してたらしいが、その影響か?まったく反応がなくなって、
意識があるのか?ないのか?も分らない状態になってしまったとの事。
すぐに担当医が見るも、納得のいく説明はなかったらしく、
ちょうど今日はレントゲンと血液検査の日(毎週やる)だったので、
その結果が出てから母と妹とで担当医から説明を受け、
肺炎を又引き起こしていて、かなり酷い状況と説明あり。
とにかく、現在反応がない(意識がはっきりしない)のは、原因不明。
ただ、抗生物質の副作用か?血液検査で肝臓がひどく悪いとの事。

2点、

①担当医は毎日問診に来るがほとんど父の観察をせず、今回のレントゲンの結果も
先週にもその兆候が出ていたとおもわれる。(見落としの可能性大)
タン検査も、現状の症状についても、抗生物質の事に関しても、
肺炎の事に関しても説明が不足しているし、対処が後手後手といわざるを得ない。
②看護師も然り。
忙しいのは分るが、毎日の看護(業務)をしている中で、
先月末ぐらいからのあまりのタンの量の多さに、
なんら疑問もアクションもなかった。
こんな細菌の感染により肺がダメージを受けてタンの量の増加なんて事が
可能性としてあるのなら
(心臓血管外科の担当看護師なら同じような患者は常に診ているはず!)
なぜ、どいつもアクションがないんだ!?

こいつらプロじゃねぇのかよ!!
今までも色々と問題があり、かなり不信感がつのってる。
ただ、今までは横で付き添っている母が、看護師や医師に
神経を使って、さらに居づらく、お願いもしづらくなるので
あまり事を荒立てないでくれといわれていたので、
ぐっと我慢してきた。
もう怒り絶頂。
明日、病院で医師に怒鳴りつけてやる。
徹底的に講義し、問題点をすべてたたきつけ、
今後の対処に関して、きっちりと約束をさせる。

今回、これでもしもの事があったら。。。
手術の時のことはもう仕方がないにしても、
絶対に許せない。
医師・担当看護師全員を絶対に許せるわけがない。


まったく酔えない・・・・・・
口惜しい・・・・・・・・・・

投稿者 nagi dad : 00:07 | コメント (11) | トラックバック

2009年04月17日

桜〆 ~摂津峡~  と Wild Ap.スーパーカカトォイデス

昨日報告した、大阪の茨木市の桜+公園三昧の翌日、先週の日曜日に、

大阪は高槻市の摂津峡に行ってきました。

去年は仕事忙しくて、桜スポットを巡れなかったので、今年は少しでもっ!

と、朝8時に出発して行ってきました。

そして、これが今年の桜巡りの最後になるでしょう。

事前調査で、摂津峡公園の駐車場は10時でほぼ満車になり、かなり離れた所の

臨時駐車場しかなくなり、そこからシャトルバス!?ってなことになると知ってたので、

早い出発です。

道路もすいてました。東淀川区からは1時間弱ってとこですかね。

駐車場もまだ半分未満ってとこでした。でも結構な人でした。
 0904120123_kouen1.jpg

 0904120126_kouen2.jpg

摂津峡は昔学生時代に先輩達とバーベキューに来た事があったのですが、

酔っぱらってあまり覚えてませんでした(汗;)

桜スポットというだけあって、摂津峡公園は桜づくし出した。
 0904120128_kouen3.jpg

 0904120130_kouen4.jpg

 0904120141_kouen5.jpg

高槻市の町並み?景色も良い。
 0904120140_kesiki.jpg

山の斜面で満開に咲いている桜群です。
 0904120146_yama_sakura.jpg

子供の遊具は結構多いと言う調査結果だったのですが、しょぼしょぼでした。

なので、早速摂津峡の川?谷?沿いを探索ハイキングすることに。

 なんと、和歌山ばりの自然ではないですか!
 0904120159_miti.jpg

 0904120160_miti2.jpg

 0904120165_kawa.jpg

 コケ・シダ系も色々自生している!
 0904120166_sida.jpg

 白滝まで行きました。
 0904120170_taki.jpg

 こんな気になるコケまで!(思わず採取。でも水中化は無理そう。)
 0904120171_koke.jpg


中々自然を満喫できる近場の最高スポットですなぁ。

夏になったら、川遊びに来たいと思います!




そして、今日はアピストグラマです。

これは、先月?ぐらいにグッディーさんで購入した、

松坂氏の南米採取便の子達です。

スーパーカカトォイデスのPr。こんなにキレイな黄色の模様のカカトォは初めて見ました。
 0903230009_ap1.jpg

 0903230014_ap2.jpg

 0903240002_ap3.jpg

専用水槽(アクリル30センチキューブ)を立ち上げて専用飼育しています。 
 0903230018_ap_suisou.jpg

まずは繁殖が目標ですので、シンプルに!

とにかく今のところは落ち着いてくれてます。

お互いにアピールしあったりしてるんですが、産卵はまだみたい。

最近はオスがメスをかなり攻撃します。。ちょっと気をつけないと。。

繁殖してくれる事を祈りに祈ってます!!



ブログランキング参戦してます。
中々低迷中。
でも、いつも応援してくださる方々には本当に感謝しております。
楽しんで行きたいと思います!
今後とも宜しくお願い致します!!

 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 21:20 | コメント (4) | トラックバック

2009年03月31日

紀州太平洋岸黒潮流木!?

3月も2回実家に帰省してきました。

中旬に弟と一緒に。そして後半には娘nagiをつれて家族で。

父は一進一退という感じですが、少しずつ回復しておりまして、

今月の中ごろにはやっと呼吸機と酸素もはずすことが出来ました。

ただ、まだまだ体はまったくといっていいほど動かすことは出来ず、

タンが詰まると危険なので、当分喉の穴は閉められません。

なので、まだまだ話をしたり自分で口から食事をしたり出来るようになには

時間がかかりそうです。

また、胸空内に水がたまり肺などを圧迫しているので胸の両側からごついホースが、

入れられていて、かなりの水分が栄養とともに出て行ってしまっています。

流動食から栄養をちゃんと吸収できず、頻繁にいろんな栄養を適宜点滴で補給している状態です。

カルシウムが不足して、すさまじい痙攣を起こしたこともありました。

人間の体は、本当に微妙なバランスで保たれているということを痛感しました。

とにかく、おかげさまで呼吸機をはずすという大前進がありましたので、

少しホッとしています。


題名の件ですが、

なんどか帰省して父の付き添いをする合間に、紀州最南端の海岸沿いを車ではしり、

流木採取なんかで気を紛らわしたりしてました(汗;)

スーパーの袋5袋分ぐらい拾ってきました。

あまり大きいのは除外して、小さめのものばかりです。

コケやシダ系を小分け活着させられれば良いなぁっと。

その一部を灰汁抜き+沈ませる為に水につけている様子です。
 0903080046_ki1.jpg

 0903080063_ki2.jpg

他はベランダで大量に。。。



話はまたまた飛びますが、去年のクリスマスの時に、

nagiがサンタさんから?もらったDSiです。

 0812250038_DSi.jpg

一日30分(お休みの日は1時間)をちゃんと守って、楽しんでます。

DSiはカメラがついているので、これもかなり楽しんでます。

自分もゲームやりたい熱が。。。

もうすぐnagiも2年生になります。

ゲームなんかはまだまだ持たせたくなかったのですが、

やはり周りがほとんど持っているので、仕方なく。。

小学1年で携帯電話をもっている子も結構いるようです。

防犯の為というのも大きいでしょうが、

なかなか悩ましい問題です。


ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。
まったく更新も出来ておらず、いよいよみなさんに忘れ去られそうですが。。。
ぼちぼち頑張っていきますので、
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 23:38 | コメント (2) | トラックバック

2008年11月05日

紀州熊野フィールドアタック

3連休に和歌山の実家に帰省しました。

千葉からだとこう簡単には帰れなかったので、

大阪に来てほんとに良いです。

千葉からだと車で12時間ほどかかっててたのが、

大阪からだと4時間で行けます。ま、それでも4時間かかるんですが・・

私の実家は山奥です。

和歌山県最南端付近の海岸沿いから山側に車で1時間ほどかかります。

今回はその実家の裏山の谷奥へ再度探索に行きました。

夏にも一度行ったのですが、時間的にあまり奥まで行けなかったので、

もう少し奥地まで再チャレンジです。

幼少のころにも行ってないところまでGO!!

nagiはおじいちゃんとおばあちゃんと遊びながらお留守番。

nagi momと行ってきました。

車が入れる所から、急ぎ足で約1時間半かかるところまで探索。

行きはのんびり眺めながら、写真とりながら、採取しながら、

だったので2時間半ぐらいかかりました。

途中15分ぐらい歩くところまではまだ、稲作がされていて、林道もそれなりに整備されてます。

 実際に今回行ったところは、かなり荒れてますがまだ林道があり、
 人が踏み込んでない所までは行けませんでした。
 先人達はこんな奥まで何をしに行っていたのか・・・
 miti1_%40.jpg

 miti2_%40.jpg

 林道は、谷沿いにあり、谷を眺めながら、時には水際まで降りてみたり。
 自然に形成された岩の形やきれいな清流の流れに心あらわれました。
 huukei_tani1_%40.jpg

 huukei_tani2_%40.jpg

 huukei_tani3_%40.jpg

 huukei_tani4_%40.jpg

 huukei_tani5_%40.jpg

 huukei_tani6_%40.jpg

 林道沿いに湧き水からか?小さな滝のような部分が結構あります。
 huukei_taki_%40.jpg

 huukei_taki2_%40.jpg

 
 採取?してる怪しいおじさん。とそのかみさん。
 saisyu1_%40.jpg

 saisyu2_%40.jpg

 saisyu3_%40.jpg

 nagi_mom_%40.jpg

 林道沿いの風景
 huukei1_%40.jpg

 huukei2_%40.jpg

 huukei3_%40.jpg

 huukei4_%40.jpg

 huukei5_%40.jpg

 途中、怪しげな洞穴が・・・熊の巣でしょうか?入る勇気はなし。。
 huukei_ana_%40.jpg

 採取してきたシダ・コケはスーパーのナイロン袋に満タン2つです(汗;)
 その種類もかなりのものですが、名前等はまったくわかりません。。
 ちょっと調べてみようと思ってます。
 採取してきたものは個別にまたUPしたいと思います。
 途中で自生しているシダ群のほんの一部です。
 sida1_%40.jpg

 sida2_%40.jpg

 sida3_%40.jpg

 sida4_%40.jpg

 コケもかなりの種類が自生してました。至る所に!!とても趣があってすばらしい!!
 koke1_%40.jpg

 houou_goke_%40.jpg

 koke3_%40.jpg

 koke4_%40.jpg

 koke5_%40.jpg


自然に自生している様子はほんと良い感じですね!!

特にコケの雰囲気はたまらなく良い感じでした。(変体??)



まずは、足早にその模様だけをUPしました!!!

途中からは林道もかなり荒れており、歩行は難しかったです。

思った以上に谷は奥まで続いており、結局今回も終点まではいけませんでした。。残念。。

猪や熊はもちろんハブもいます。あまり奥地に行くと危険はありますが、

また夏に更に奥地へチャレンジしたいです。

足をGパンの上からハチに刺されて、痛かった~。。。自然恐るべし。




ブログランキング参戦してます!!
まだ、6位前後です!!奮闘してます!
みなさまのおかげでございます!!
更なる応援のポチッとなー!!をよろしくお願いいたします。
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


今回採取してきたシダ・コケをすべて名前判別できるかわかりませんが・・・
近々紹介したいと思います。
一部は水中化にもチャレンジしてみたいと思ってます!!
テラリウムやるしかないなー!!!


投稿者 nagi dad : 09:28 | コメント (5) | トラックバック

2008年04月06日

山深きところ 

時間がたってしまいましたが、まだ実家ねたです。。

nagi momといっしょに、実家の裏山の谷奥に探索に行ってきました。

約1Hぐらい歩いてきました。

これぐらいの距離だとまだまだ人の手が入っています。

もっと奥まで行きたかったのですが、時間の関係上ここら辺で断念。

いろんなコケやシダがありました。

小さいときはなんとも思わなかったけど、アクアに目覚めたおかげ?か、

どれもこれも新鮮に見えました。

コケ類。いいですねー
 0803290004_koke2.JPG

 0803290016_koke3.JPG

 0803290017_koke4.JPG

 0803290019_koke5.JPG

 0803290033_koke6.JPG


シダ類!。こりゃええなぁー
 0803290045_sida1.JPG

 0803290047_sida2.JPG

 0803290002_sida3.JPG

ヘビに遭遇したり。たまらんなー
 0803290060_hebi.JPG

谷も水がキレイで気持ちがいい。飛び込みテー!
 0803290008_tani1.JPG

 0803290027_tani2.JPG

 0803290028_taki.JPG

 0803290042_tani3.JPG

 0803290044_tani4.JPG

 0803290048_tani5.JPG

なかなかいいものです。

結構沢山のコケを採取してきました。

現在発砲スチ箱で育成中。

ちゃんと育成できそうなら、少しずつ水中化にチャレンジしてみようかなぁっと。


ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。
20位ぐらいが定位置となりつつあります。。。
がっつり応援よろしくお願いいたします。
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


明日は娘nagiの小学校の入学式です!!
うれしいやら寂しいやら、どんどん大きくなるなぁ。。
こっちがソワソワして寝付けそうもない・・・
やけ酒やー!!

投稿者 nagi dad : 21:15 | コメント (8) | トラックバック

2007年08月18日

マンボウの串焼き!?

また、帰省時の話です・・

三重県紀伊長島町の国道42号線沿いにある「道の駅マンボウ」で
屋台がありました。
実家に帰省する途中にある道の駅です。
なんと!マンボウのホルモン串焼きが!!
マンボウ食べるの!?
今まで気付きませんでした。
しかも産まれて初めて見ました!

とりあえず食べて見ました。
ちょっと臭みはありますが、鳥肉のような食感で
さらに濃い感じです。
美味しいです。
酒のつまみにも最高でしょう。

でもなんとなくあのマンボウの無垢な表情を思い出すと・・


*マッサさんご存知でした?

0708170016_1.JPG

ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 23:06 | コメント (9) | トラックバック

タニシ

田舎ネタの追いかけ投稿が続いてますが・・・


川ではまったく見かけなくなってしまったと、
前回書きましたが、
父親が飼育している黒メダカと緋メダカの容器の中には何故かいました!
思わず持って帰ってきてしまいました!

とりあえず5匹だけですが、室内で繁殖実施中の白めだか用プラケ大に投入して、
ここで一気に繁殖してくれないかと期待しています。


~~~タニシについて少し調べてみました -補足- ~~~

タニシ(田螺)は、タニシ科に分類される巻貝の総称。
南米と南極大陸を除く各大陸とその周辺地域の淡水に生息し、雌雄異体の卵胎生。

(え!?卵胎生なの!?初めて知りました・・って事は赤ちゃんが
 直接生まれてくるってことやね。)

摂食法の幅の広さが特徴的、
物の表面に着生した藻類などを削り取って食べる刈り取り食者(グレイザー)であり、
水底の沈殿物を食べるデトリタス食者でもあり、
さらには水中の懸濁物を鰓で集めて食べる濾過摂食者でもある。
このため、大きな状況変化がある中でも生き延びることでき、
例えば水田のような環境が変化しやすい小規模な水域に大型種が生息することが可能となっている。

(要するにすごく便利屋さんってこやねぇ。確かに水質改善すると聞いた事がある)

分布は、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、北米大陸、オーストラリアと
その周辺地域の川、湖、池沼その他の淡水域に広く生息する。
日本には4種が棲息(マルタニシ、オオタニシ、ヒメタニシ、ナガタニシ)

(結局うちの奴はどれなのか?正確には分からずじまい・・)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*早速これは!?交尾活動?2~3分くっついてもぞもぞ。。産まれるか!?
0708190005_1.JPG

0708190006_2.JPG

0708190043_1.JPG

0708190044_1.JPG

ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 20:22 | コメント (1) | トラックバック

2007年08月17日

帰省 ~田舎と大自然~

自分の実家に1W帰省しました。
実家は、和歌山の山深き大自然の中です。。。

良いも悪いも開拓が進まず、偶然にも多くの自然が残り、
特に山はその険しさから開拓から逃れ、現状世界遺産となっております。
蟻の熊野詣と古来から日本全国から親しまれ、
忘れ去られかけたところで、
現在のこの異常気象が続き、
自然への敬愛を一番必要とするこの時に、
残された自然と共に蘇えりました。

今までそれほど深く考えていなかった、この不便な地域もまた、
アクアリウムから自然、自然の重みをもってこの大切さとすばらしさを、
再度実感してきました。


今年は妹に息子が出来、両親含め団欒のお盆を過ごせました。
世界遺産の熊野三大大社の熊野速玉大社と熊野本宮大社で安産祈願をしていたので、
そのお礼参りもしてきました。
昔は特に気にしなかったが、この威風に感慨と感謝の気持ちでいっぱいです。
もうひとつの熊野那智大社は近くまで行ったのですが、人が多すぎて
参詣できずでした。。
この那智大社の滝はまたすばらしくスゴイので、今度機会があれば紹介したいと思います。

この期間、ネット環境もなく、本当に田舎暮らしをしてきました。
山と畑を探査し、午後の暑い時間は川で清流に戯れ、
本当に気持ちの良い生活です。
蛍も飛んでました。夜空は驚くほど満天の星空です。

自然を大切にして、娘含め後生にこのすばらしい環境を残して行きたいと
しみじみ感じました。

ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 23:07 | コメント (0) | トラックバック

2007年08月13日

セッコク

父親が育てているセッコク。
ほとんどが山で採取してきて育てて、
流木等に活着させて、庭の柿の木に吊るして育成している。
昔はまったく関心がなかったが、
最近自分も気になり始め、GWには1株もらって帰り、
初夏にベランダで真っ白い花をいっぱい咲かせました。

セッコクにも色々と種類があるみたいで、
茎が緑色の物、赤い色の物など、
花や葉だけでなく、茎の色が活着の仕方、
一緒に植え込んでいるしのぶとの全体的な雰囲気など、
見ごたえがある。

流木付水草ならず、流木付空中草!背景は空!


~~~セッコクについて少し調べてみました -補足- ~~~

単子葉植物ラン科に属し、日本の中部以南に分布する。
岩の上や大木に着生する着生植物である。
花は、茎の先端に近い数節から出る。各節からは、短い花茎が出て、そこから数個の花を咲かせる。
花は赤紫がかった白の花弁で、よい香りがする。
セッコクは漢字では石斛で、本来は中国産の近似種に当てられた名称であり、
健胃、強壮作用などがあり、漢方薬として用いられる
(現在は、細葉石斛D. hancockiiなども使われる。) 。

日本名は、そのまま音読みにしたセキコクが使われる場合もあるが、
セッコクを使う場合のほうがはるかに多い。
セッコクはセキコクが詰まったものと思われる。

セッコクは、日本では岩手県以南の本州から四国、九州に以南に分布する。
海外では中国まで分布がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 *父が育てているもの達
 60-63.jpg

 64-83.jpg

 *GWにもらってきてベランダで開花した時の様子
  すごくキレイで良い香がしました!
 0705100045_1.JPG

 0705100046_1.JPG

ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 22:42 | コメント (11) | トラックバック

2007年08月11日

実家の前の川。
幼少の頃よりずっと慣れ親しんでいるキレイな川。
できる限り毎年夏には泳ぎに来ている。
nagiに清流の気持ちよさを味あわせてあげたいと言うのもある。

天然の鮎も泳いでいる。
うなぎ、川エビ、ズガニと天然の生き物が多数生息している。
ただ、ふと気付いたのだが、タニシがほとんどいない。
昔はいっぱい岩肌にくっついていたのに。
キレイに見えても少しずつ汚染されているのか?
なにか別の天敵が出現or放流されてしまった為か?
すこし気になってしまった。

 0708110044_1.JPG

 0708110048_1.JPG

 0708110052_1.JPG

 0708110054_1.JPG

 0708110055_1.JPG

 0708110058_1.JPG

 0708110059_1.JPG

ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 19:50 | コメント (0) | トラックバック

ズガニ

後追いでの投稿が続きますが・・
実家での事を残していこうと思います。


手長エビを採取して、楽しんだ事は前回書きましたが、
そのエビ掬い中にはそれ以外の生態にも出会います。

今回はズガニも捕まえました。
まだまだ小さいので大きくなって、美味しく食べれるまでには
あと2~3年はかかりそうな感じのもの。

でも爪の毛もはえてなかなかしっかり成長しているズガニだった。
ただもう少し小さいので川に帰してやりました。

かなりワイルドに毛むくじゃらで、爪の上のフサフサ。
塩茹でにすると深緑色の体が鮮やかな朱赤に変わり、
足の硬く真っ黒い毛が余計に際立つ。
そして、見た目と同様、味もワイルド。
身もミソも、卵の甘みも濃厚で美味しい。
山のカニ、姿も味もなかなか忘れられないもの。


ずっと慣れ親しんで、捕まえて食べてたカニですが、
ちゃんと調べて見る事にしました。(下)


~~~ズガニ(正式名モクズガニ) 補足 ~~~

小笠原を除く日本全国、サハリン、ロシア沿海州、朝鮮半島東岸、
済州島、台湾、香港周辺まで分布する。
ネット検索すると日本全国あらゆるところで好んで採取し、
食されている事が伺える。
ただ、なぜか?スーパー等には出回っているところを見た事がない。
小さいときは底床等の腐敗植物や、藻類を種とするらしく
大きくなるに連れて肉食性が増すらしい。
なので、よくカニ採取用の仕掛けには魚類等を餌として入れる。

成体はおもに晩夏から秋に河川の淡水域に出現し、
雌雄とも、主に秋から冬にかけて繁殖のために海へ下る。
この川に生息するモクズガニも、幼生は塩分濃度の高い海でないと成長できない。
これもまた、手長エビやヤマトヌマエビ同様人工繁殖が難しい事になる。
そういえば鮎なども同じだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

0708150033_1.JPG


ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 19:35 | コメント (2) | トラックバック

手長エビ

川に泳ぎに行くと、必ず手長エビを採取する。
毎年恒例になっている。
nagi momもnagiもはまっている。
石の下に隠れている奴をエビタモで掬う。
結構面白い。
自分は幼少の頃からよく採った。
時にはは50匹近く採れた。

今回も毎回10~20匹を掬って帰った。
天ぷらにすると、赤くキレイに揚がり、
これが、本当に美味しい。

今年は、レッドビー等を飼育しだしたからなのか?
すこし微妙な気分に・・・


~~~手長エビ 補足 ~~~
長い鋏脚が特徴で、鋏脚の長さを入れると全長20センチ近くになるものもいる。
寿命は1~3年で、ほぼ肉食で夜行性。
日本では九州以北に3種存在するらしい。(南西諸島では9種)
繁殖は5~9月で夏場に多く産卵する。
小卵多産で、メスは直径1mm足らずの卵を1000-2000個ほども産卵し、腹脚に抱えて孵化するまで保護する。
幼生は海、少なくとも汽水域まで降河しないと成長できない。
ふ化したゾエア幼生は川の流れに乗って海へ下り、成長し、
1ヶ月ほどで体長5mmほどの稚エビになる。
稚エビは川底を歩いてさかのぼり、以降は淡水域で過ごす。
ここら辺はヤマトヌマエビと似ている。なので簡単には人工繁殖が行えない。
~~~~~~~~~~~~~~

0708110075_1.JPG

0708150037_1.JPG

0708150040_1.JPG

ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 19:30 | コメント (2) | トラックバック

2007年08月10日

三重県紀宝町ウミガメ公園

自分の実家に帰省しており、実家はネット環境がない為に
後追い更新をしております・・・
目に止まった物を少し残しておきたいと思います。

三重県紀宝町ウミガメ公園。「道の駅ウミガメ」でお昼休憩。
ここは実家からそれほど遠くないのだが、行ったのは初めてだった。

ちょうど、8月6・7日に赤ちゃんが産まれたらしい。
この浜はウミガメの産卵場所として有名で、
その保護・観察もやっているみたい。

太平洋東部に生息するウミガメについて説明書きがあったので抜粋。

~~~
和名:クロウミガメ(新称)
分布:太平洋東部
生態:1984年(昭和59年)まで、海亀は7種類と考えられていたが、
最近になって新しくアオウミガメの別種として、この
クロウミガメを独立させようと言う意見が、強くなってきたらしい。
分布が太平洋東部に限定されている海亀で、
名前のように甲羅が黒色であることと、
甲羅が後部に向かって強くテーパー状になりとがっているのが特徴。
甲長は90~100センチメートル。
~~~

へー!海亀って世界で7種類(クロウミガメを分けると8種類?)しか
いないだー。っと感心。


 *親ガメ達
 0708100018_oya_game.JPG

 
 *生後1Wもたたない赤ちゃんたち。偶然にもラッキーでした!
  かわいらしい。これがあんなに大きくなるんだもんなー。
 0708100023_1.JPG

0708100028-35_1.JPG


ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 23:12 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月31日

白鳥がのんびり

近くの沼に白鳥が住みついている。
以前から何度か見かけたのだが、今回はかなり至近距離で観察できたので
ちょっとそののんびりさ加減を見ていただきたいと思います。
だいたい、5mぐらいまで接近しても逃げずに余裕かましてました。
愛情が伝わってるのかな!?(ほんまかい!)

 *みんなかたまって、橋の下でのんびり。
 0707310014_1.JPG

 *そこまでのんびりしてると心配になってくるなぁ。
 0707310011_2.JPG

 *おーい!ほんまに大丈夫かい?寝転んじゃって?
  気抜きすぎちゃう!?
 0707310007_3.JPG

ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 22:39 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月28日

キジの記事

「メダカday's」さんの記事で、キジを見かけたとあり
ふと、先日自分も見た事を思い出しました。
(ちなみに
 メダカday's
さんには
 相互リンクをして頂いております。
 メダカの事、花や昆虫、いろんな生き物や自然について書かれています。
 いつも楽しみに読ませていただいております。
 よろしければ一度訪問なさってみてください。)


早速そのとき撮った写真を掘り返して探して見つけました。
私は近くの公園の横の田んぼのあぜ道を歩いているところを発見しました。
結構近かったです。
nagiはたぶん初めて見たのだと思います。
「変な色の鶏!!」とさけんでました・・・

0706240009_kiji_1.JPG

0706240010_kiji2.JPG

ちなみにウィキペディアで調べてみたら、下記のトリビアが。
・日本銀行券D壱万円券の裏面に描かれていた。
  →確かに前の壱万円札にはかかれてたような気がする。現在のは「鳳凰像(平等院)」。
・キジは飛ぶのは苦手だが、走るのは速い。スピードガン測定では時速32Kmを記録した。
  →確かにnagiが叫んだ時に「飛んで逃げるか?」と思いきや走って行ったなぁ。。
・繁殖期のオスは赤い肉腫が肥大し、なわばり争いのために赤いものに対して攻撃的になる。
 おとぎ話の桃太郎のお供するキジは実際のところ赤鬼の退治には役に立ったかもしれない。
  →繁殖期のオスの近くに赤い服を来て近付いたら危険ってことね?

他もろもろありました。
しょうもないですが・・・

ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。
 ↓↓↓
blog_rank_banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投稿者 nagi dad : 15:45 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月18日

謎の川魚稚魚達を帰してやった。

以前近くの公園の横にある用水路で、
メダカの稚魚と間違えて採取してきて飼っていた謎の魚達。
遂に帰してやる事に。やっぱりプラケ(中)の中で大分落ちてた感じ。
過密とほとんど世話をしてあげてなかったのが原因か?
それでも中にはかなり大きくなっている奴もいた。
いったいなんだろうなフナでもなさそうだしなぁ。
結局分からずじまい。
 *関係ないですが、途中でキレイに咲いていた花。これも何の花?
 0707180010_hana.JPG





ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。⇒人気ブログランキング

 

投稿者 nagi dad : 18:21 | コメント (0) | トラックバック

アナカリスを採取

謎の川?沼魚を帰した時についでに用水路の中に群生していた、
アナカリスをちょっと採取して来た。
今度は完全にアナカリスだ(オオカナダモ)。
前にこれと勘違いしてコカナダモと言うのを採取した事がある。
それなりに良い感じで長く水槽内では活躍してくれたが、
今は消滅してしまったり除去したりで無くなった。
今回はっプラケ大水槽が味気ないのでここに群生させてやろうと思う。
魚達も落ち着くだろうし。
 0707190014_anakaris.JPG





ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。⇒人気ブログランキング

 

投稿者 nagi dad : 18:19 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月14日

Z1に流木設置

帰省時に川で採取した小さい流木を使用する事に。やはりこっちも配置には苦労した。。
現状をあまり大きく変えずに追加したかったのと、なにより狭いから。。
それに沈まないのでソイルに突っ込んで立て掛けた。
結局N1みたいに左手前に立てかけるようにするしかなかった。。。
ミクロソリウムウインドロブとモスを巻き付けて設置。
でも結構良い感じ。
(バカの一つ覚えと、またしても自己満足・・・)
0704140003_1.JPG

投稿者 nagi dad : 23:10 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月04日

アクアワールド大洗水族館へ

実はもうすぐ切れてしまうが、アクアワールド大洗の年間パスポートを持っていました。
(たしか2~3回行く分と変わらない額だった。。
 nagiも魚に興味を持っていたので1年前に買いました。)
なので結構何度も行ってきました。でも今回が最後になるかなぁ。

・ラッコのお食事タイム
 0704040025_1R.JPG

・ペンギンのお食事タイム
 0704040032_1P.JPG

・Dr.フィッシュ。また、体験。
 0704040044_1Dr.JPG

・イルカのショー(水槽下段でショー中の魚の動きを見た。)
 0704040049_1.JPG

 0704040088_1.JPG

・ジャンプに入る前の加速シーン
 0704040092_1.JPG

・イルカのジャンプ後の着水シーン
 0704040099_1.JPG


・海辺で流木を3つ採取
海岸を結構歩いてやっと少しだけ見つけられた。満ち潮時だったのもあり、あまり見当たらなかったが、
小さめでちょっと変わった感じのものもあった。ただ、なかなか沈まないだろうなぁ。。。
夜、お湯で磨き洗いして水に漬けおき。

投稿者 nagi dad : 23:29 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月30日

5日間の留守後の水槽は?

≪帰省から帰宅≫
夜19時過ぎに帰宅。初めての長期留守だったので、それなりに被害を覚悟してはいたが、予測よりましな方だった。

被害状況としては、
 
≪Cコチュイ1匹☆に≫
原因不明。もう一匹もあまり元気がないように見える。餓死だろうか?
 ≪アフリカン・ランプアイ1匹☆に≫
N1のランプアイが1匹☆になっていた。それ以外は今日のところは10匹ぐらいしか確認できないので、もしかしたら結構☆になってしまったかも。。。(本当ならN1には14匹いるはず。。)
 ≪Cコンコロール病気?≫
1匹がまったく動かない。☆になってしまったのかと思ったが、まだどうにか大丈夫。ただ、もう虫の息。。。
尾びれも痛んでいるし、体が全体的に白っぽくなっていてほとんど動かない。。ダメかも。。原因不明。
残り2匹は元気。

上記以外はそれほど問題はなさそうだった。
N1の産卵箱内の稚魚も全部大丈夫そう。
0703300033_.JPG

N1、N2のCパンダも元気。N3の稚魚たちも元気で特にグッピー稚魚はさらに大きくなっていた。
また、水槽も水草の糸状コケがかなり減っていた。ガラス面のも行く前からまったく増えていない。
照明をつけていないのと餌が少なかったからかな?留守番フードは結構残っていた。
コケ対策には照明時間と餌の量をコントロールする事で対応できそうだと感じた。
0703300032_1N.JPG
*まったくコケてません!

≪川で採取した流木(小)をあく抜き≫
小さいが、Z1に入れるには良い感じ、ただ、沈まない。。。熱湯漬けを2回。


≪関係ないですが。。富士山!≫
帰りに途中の高速上からくっきりとキレイに見えました!やっぱすごいねぇ!
0703300020_1F.JPG

投稿者 nagi dad : 11:14 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月03日

アクアワールド大洗に!& CアトロペルソナータスⅡが☆に・・

今日は一日外出し、帰ってからみるとCアトロペルソナータスⅡの姿がまったく見えない。2匹とも見えない?!探した結果1匹は発見。が、もう一匹は流木の裏で☆になっていた。。。この前から様子がおかしくひげがなくなっていた方だった。その他病気の気配もなく、この口ひげの怪我が原因だったと思われる。ただ、その怪我の原因は不明。2匹で元気に泳いでいたのに。。きつい。。。
 

気を採りなおして・・・・・・

 ≪2種の稚魚≫
謎の稚魚7匹+ミッキーマウスプラティ稚魚12匹は全員元気に産卵箱Sの中で成長中。ウイローモスを少し入れていて、普通の熱帯魚の餌の細かい部分をあげているだけ。十分食べれているみたい。もう少ししたらN3(稚魚専用水槽)に移す予定。
 
 ≪水草採取≫
アクアワールド大洗(水族館)に行く途中の涸沼(ヒヌマ)付近の用水路で大量に繁殖しているアナカリス(後で「コカナダモ」だと知る。アナカリスは和名「オオカナダモ」っていうらしい。)を発見。少し泥に汚れていたが洗うとまさにきれいな緑色。どうやって使おうか??
とにかくよく水道水で洗って、プラケースに水漬け。農薬関連も怖いので。。。

 ≪水族館5周年記念≫
入り口にベタやグッピーが入ったワイングラスの飾りつけがあった。
0703030122_1.JPG

久々に水族館に来たが、やっぱり海水魚は綺麗だなぁ。でも水族館に熱帯魚はあまりいないよなぁ。それにしても、アクアリウムにはまって、水族館に行くと色々な部分で注目する視点が変わるなぁ。この水槽のろ過はどうやってんだ?っとか?今まではまったく考えもしなかったのに。本当に面白い。
今話題沸騰のDrフィッシュ体験コーナーもあり3人で実体験!!こいつは実は熱帯魚だよねぇ。
すごく感触が気持ち良い。nagiも大満足!
0703030127_1.JPG

0703030125_1.JPG

nagiはエイが大好き!
0703030058_1.JPG

アクアワールドの目玉!マンボゥ! ***実はこいつ食べた事あるんだよねぇ。。。それはまたの機会に。。。***
0703030065_1.JPG

大型水槽で海水魚を飼えるようになったらこいつ飼ってやろ!なんちゅう顔してんねん。。。光ってるし!!ぜったいこうたるぅ!!!欲しい!面白い!!
0703030071_1.JPG

ちょっと冷静になって・・・
やっぱり海水魚の水槽って綺麗だなぁ。まだ淡水も初心者ですが。。。それにしてもカラーが違う!
0703030073_1.JPG

ミドリフグ!こいつは熱帯魚ショップでもよく見かける。でも気が荒いらしいし、汽水なので手を出せない。でもかわいいよなぁ。専用水槽なら。。。絶対NGくらうな。。。
0703030076_1.JPG

投稿者 nagi dad : 00:50 | コメント (0) | トラックバック