2010年12月13日

コイチョウハナダイモリ の のんびり「イリモ君」

一歩ずつ前進。あまり考えずとりあえず一歩ずつ前進。

おまじないのように・・・



今年の春ぐらいにお連れして、

一度披露したコイチョウハナダイモリのカップルのその後ですが、

1ヵ月ぐらいでメス(おそらく)の「イモモちゃん」が、

☆になってしまいました。原因不明でした。。繁殖狙いたかったのに残念。

その後、オスの「イリモくん」は元気にしています。

でも、餌を食べたところを見た事がない。。

ミニキャットや赤虫、イトメですら目の前に落ちて無視。。

いつ何をくってるのやら??

今は、先日紹介したバンブルビーコビーちゃん達がいる、

プラティメインの大混泳水槽でのんびりのんびりやってます。

ほんとうに何も動じない。一時の「ほっしゃん」みたい。

 どう?この愛くるしい姿
 1012100003_imori1.jpg

 バンブルビーコビーちゃんが頭に乗っかってても動じない。
 ずっとこのまま・・・。
 ウリボウ(イノシシの子)に乗っかるおサルじゃないんだから
 1012030036_imori_2.jpg

 っと、思ったら「がぁ~~!!」
 1012100002_imori3.jpg

 アップ。
 1012100002_imori4.jpg

 でもこれ、実はあくび。たまにこういうしぐさします。憎いやつです。


いつも応援ありがとうございます。
ぼちぼちやっていきますんで、
今後ともよろしくお願いいたします!

↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 20:47 | コメント (4) | トラックバック

2010年06月28日

和歌山(5月) ドルフィン

昨日の記事の続きです。

合鴨の次はドルフィンです。

和歌山の太地町はくじらで有名ですが、そのくじらの仲間である

イルカもとても有名です。

くじら博物館でもイルカのショー等見えますが、

それ以外でもいくつかホテルと一緒に経営している

イルカと触れ合いサービスが結構あります。

(実は知らんかった。。妹に教えてもらってついてきました。。)

今回は時間が合わず、餌をあげる事は出来ませんでしたが、

タダですぐそばでイルカを見せてもらえます。

餌あげるのもホントに格安。

予約しておけば、イルカと一緒に泳ぐ事もできてしま~う!!

その日も女性の集団がイルカと一緒に泳いでました。
 1005160093_10.jpg

nagi と甥っ子は夢中でイルカとキャッチボールしてました。

ちゃんと口でキャッチして、ほおり返してくるんです。
 1005160090_1.jpg

 1005160095_2.jpg

 1005160115_3.jpg
 
 1005160116_4.jpg

 1005160162_5.jpg

いやー、半端なく近いし、予想以上に興奮しました。

この施設は、ホテルと併設されてて、しかも海のすぐそばです!

ダァー!!!!!
 1005160123_da-.jpg

最後は「餌やりたいー!」「帰りたくなーい!」っと

ダダをこねて寝そべってしまった甥っ子といっしょに!
 1005160151_dada.jpg

夏にはいっしょに泳いでみようかなぁ。


ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。

 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif

投稿者 nagi dad : 06:32 | コメント (9) | トラックバック

2010年06月05日

nagi9歳! と コイチョウハナダイモリ


GWが知らん間に過ぎたと思ったら、

また知らん間に5月が過ぎた・・・

5月はnagiの誕生月。

ことしもnagi mom側のじいじとばあばとnagi momのお姉さんが

お祝いに来てくれて、大はしゃぎのnagiでした。

とうとう9歳です。

まだどうにか相手してくれますが、もうほんまにいよいよでしょうね(涙;;)

ケーキ
 1005080051_cake.jpg

nagiは多趣味でして、幼稚園のころから折り紙先生、

おもちゃのピアノも音を聞いただけですぐひいちゃうんで、

小学生に入って本格的に習ってる。

1年で3つ上の子を抜いちゃうぐらい。

ヒップホップダンスもやってて、毎年2回発表会で披露してくれます。

夏の発表会はもうすぐかな?大阪城の野外ホールでやります。

最近もどんどん趣味の幅が広がり、学校の課外活動みたいなので、

かぎ針を習ってて、ポーチとか、お守りストラップとか、

ちょっちょいっと作ってしまいます。

工作や絵にも興味深々で、出かけるたびにスケッチしたり。
 1004250051_suketi1.jpg

スケッチしてる人の後ろで観察して、全く離れない。。
 1005290043_suketi2.jpg
 
でもやっぱり、ディズニーやサンリオのキャラは好き。
 1005080042_sanrio.jpg
 サンリオショップ(関西にもある)のマスコット人形すくいイベント。

うーん!ラブリー!!

親子ショットも最近更に磨きがかかってきた!(爆)
 1005090057_hana.jpg


ありゃ。また親ばか全開に(汗;)

えぇっと、この前久々にGNさんへ行ってきました。

少し離れているので、最近はめっきり足が遠のいてました。

nagi と nagi momは初めて。

やっぱり良いお店ですね~。

ngaiもとても気に入ったみたいです。

最近はアクアショップに全く興味を示さなくなってましてが。。

(そりゃ家に何十本も水槽があればなぁ。)

そこでnagiとnagi momが発見してしまいました。

こいつ。
 1005290127_imori1.jpg

そ、これ。
 1005290128_imori.jpg

イモリ。

水槽内での可愛い表情に一目惚れしたらしく。。

コリ買いたかったんですが、

このイモリを2匹(1Pr)お連れしました。

うーぱーの「うぱるちゃん」は去年☆になし。。

(報告してたかなぁ。。??)さみしい状況でしたので。。


ちなみに、このイモリは日本のイモリと近縁で、

中国貴州産のコイチョウハナダイモリという子達です。

腹に赤い模様があるのは、日本のイモリと一緒。

更に、発情したオスのしっぽは青く(はなだいろ)になるから

この名前らしい。

とにかくつぶらな瞳と可愛いしぐさが、確かにそそります。

大分人気もあるようで。

 1005290129_imori3.jpg

今後はこの子達の観察結果もアップしていければと思います。




ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。
お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif

投稿者 nagi dad : 21:15 | コメント (10) | トラックバック

2009年12月20日

ヒドラ もしかしてこいつが天敵!?

今までうちではあまり発生しなかったんですが、

今年の夏前ぐらいからグッピー・めだか水槽で大量に発生しました。
 0906130040.JPG

 0906130041.JPG

やはりブラインを与えていると大量発生するんですね。

今は落ち着いてしまって、どの水槽にもまったくいませんが、

夏前はすごかった・・・

ブラインもグッピーに与えているのか?ヒドラに与えているのか?

わからんぐらいに、ヒドラが蔓延。ほんまにブライン捕獲しまくり。

キボーデコさんのブログで以前決定的な写真をアップされていましたが、

大きくなったヒドラはびーの稚エビを捕食しちゃうんですよね。

あの写真にはゾッとした(汗;)

確かにブラインもエビの仲間ですしね。サイズが合えばヒドラにとっては

びーの稚エビも最高のエサなんでしょうね。

でも、うちはブラインを与えているグッピー・稚魚水槽しか発生しませんでした。

ビー水槽はまったく大丈夫でした。それに、今は全く発生してない。

なにかヒドラが発生して、増殖する為の法則がちゃんとあるんでしょうね。

ちなみに、このヒドラの退治方法として、

色々ネットで調べるても、10円玉を入れるとかぐらいしか見当たらず、

生物兵器も本当に効果があるというのは見かけません。

うちは、グッピーでも・めだかでもどうせ親魚水槽なんであまり気にせず

ほったらかしでしたが、

コケ取り要員としてヒポプレコやセルフィンプレコを数匹飼育していて、

水槽を巡回してもらってるんですが、

ヒドラ蔓延水槽にヒポプレコを入れると、2~3日でヒドラが激減。

全滅とまでは行かないまでもほとんどいなくなります。

もしかしたらヒポプレコはヒドラを食べるのかも知れません。

2回ぐらいしか試せなかったのと、食べてるシーンは確認できなかったので、

正確にはいえませんが、十分可能性があると思います。

ただ、ヒポプレコも30センチオーバーになる大型プレコなんですよね。

ホームセンターとかで格安で売られてて、

セルフィンプレコや石巻貝程ではないけど、かなりのコケ取り効果があります。

セルフィンもヒポも30センチオーバーというのは最大での大きさですし、

個別の専用エサはそれ程与えず、コケとその他魚の残エサだけの

節制食?をすれば、環境に合わせた成長をすると思うんで、

ひもじくて、ちょっとかわいそうかも知れませんが、

小さいままの方が愛情も持てますし、この方法で飼育して行きたいと

思ってます。(あれ?いつの間にか、ヒドラからプレコの話に???)


※ヒドラ対策にヒポプレコ説と、ヒポプレコ・セルフィンプレコサイズ調整説は、
 あくまで、我が家での経験に元ずいた推測です。
 応用される場合は自己責任でお願いします。
 ちなみにプレコ系も稚エビは大好物だと思うので、エビ水槽にはダメですね。


ランキング参加中!ポチッと応援お願いします。なかなか厳しい状況です。。。
”お助け” の1票を!お願いします!!!
 ↓↓↓
blog_rank_banner2.gifにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】bnr.gif


投稿者 nagi dad : 07:32 | コメント (6) | トラックバック